おかんの日々・・春夏秋冬

アクセスカウンタ

zoom RSS 5/25−27 九州・九重山の山旅ー大曲〜法華院山荘まで

<<   作成日時 : 2017/06/18 18:48   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0



東京の友人リュウコさんから九重のミヤマキリシマを観に行きましょう
との誘いで神津島から帰った翌々日九州へ飛んだ


25日
羽田から福岡空港に降り立ち高速バスで杷木バス停へ

リュウコさんの九州の知人太田氏が久留米山岳会にいて九重に詳しい
今回は彼の案内で九重の山巡りを計画、お花もちょっと期待

杷木バス停で彼の奥様とその友人、東京からは3人で合流
車2台でまずは昼食を、と案内された渓谷沿いのお店
画像
地鶏そばが美味しかった

下山口の牧ノ戸峠に1台デポして皆で大曲から出発
画像
見えている山は三俣山(みまたやま)とのこと
画像
登山道脇にミヤマキリシマが時々見えて嬉しくなる
画像
画像
画像
山懐に見えている煙は温泉宿の湯けむり
画像


三俣山の鞍部、諏蛾守越までの路は先日の地震で
山の斜面が崩壊して通行不能だったらしいが途中まで整備
画像
その先はまだ爪痕が残っているが通行可能
画像


諏蛾守越の峠には立派な石積みの休憩所があり
かつては売店などもあったらしいが今は外壁のみ
画像


そばの吊鐘も石碑も地震で壊れかけて補修してあった
画像
画像
改めて地震の怖さに思いを馳せる

しばらく休憩して眼下の北千里へ向けて下山
画像
ちょっと異空間の開けた台地、川のように白い道が這う
画像
右手には硫黄山の噴煙が上がり火山の山であること認識
画像


法華院温泉へはごろ岩の急な下りだが
谷間に坊がつるの緑が見えてきた、、、、
画像
所々に満開のミヤマキリシマの株が迎えてくれる
画像


坊がつる って・・・ 山かと思っていた・・・
歌にも出てくるし、良く聞く名前なんだけど

こんな緑の大地とは、、、認識不足、勉強不足だ

でも、なんて気持ちの良い景色なんだろう

山々に囲まれた大地なのに開放感あり
山懐に抱かれた安息間というのかな、、静けさがほっとする

いつかここにテントを張りたい、と思った

足元に温泉が見えてきた
画像
15:50温泉着、登山口から2時間弱の道のりだった
画像
個室を貰えてホッとする、混む前に温泉へ

少し白濁したお湯でシャンプー、石けん無し
程良い湯加減で汗を流しサッパリして湯上り生ビール乾杯!

小屋はかなり大きいが今日はツアーなどの団体もいて満員
画像
画像
夕食は品数も多く、とても美味しかった
画像


部屋で初対面の太田氏や奥さま、その友人、東京組など
話に花が咲いて遅くまでおしゃべり

奥さまとお友達は山へは登らず明日は下山とのこと
楽しい方々だった






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5/25−27 九州・九重山の山旅ー大曲〜法華院山荘まで おかんの日々・・春夏秋冬/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる