1/30 柴又七福神めぐり

平塚仲間との月例、呼びかけに応じた現地集合も含めて総勢15人? 
当日、平塚駅集合組も含めて「京成高砂駅」に10:00集合の予定。 京成線なんて乗ることない平塚組はあっちだこっちだ、と多少うろうろしながら無事到着。 計画では高砂駅から柴又駅まで歩いて七福神をめぐりながら帝釈天で解散の予定。

高砂駅を出ると大きな看板があって分かり易い
P1300010.JPG
街中の角々にも案内があってまず最初の「観蔵寺(寿老人)」に到着。
P1300014.JPG
P1300016.JPG
元々は中国の神様で長寿延命の神
高砂駅まで戻り次の医王寺へは30分近く歩くのだが、歩きたくない数人は高砂駅から新柴又駅まで電車で行くと言うので歩き組と分かれる。

狭い路地や同じような道があって迷いながら
2番目「医王寺(恵比寿天)」到着
P1300017.JPG
P1300019.JPG
P1300020.JPG
日本古来の神様で航海と漁業の守り神だが現在では商売繁盛の神様

新柴又駅をくぐってすぐ3番目「宝生院(大黒天)」
P1300021.JPG
P1300023.JPG
P1300024.JPG
P1300025.JPG
インドの神様と大国主命の習合、多くの人々を救済する出世財福の神様

4番目「万福寺(福禄寿)」
P1300027.JPG
P1300028.JPG
P1300029.JPG
中国の神様で幸福、高禄、長寿の三徳を兼ねた神様

5番目「題経寺(毘沙門天)」
P1300030.JPG
P1300031.JPG
P1300033.JPG
P1300034.JPG
所謂{帝釈天}と言われるところ、インドの神様で別称(多聞天)、財福と除災招福の神様

6番目は帝釈天参道を通り抜けて「真勝院(弁財天)」
P1300035.JPG
P1300036.JPG
P1300037.JPG
ヒンズー教の女神サラスバーティを由来としている水の神様で音楽、弁舌の能力も与えてくれるが現在では知恵と財宝の神様とされている

最後7番目「良観寺(布袋尊)」この寺では(宝袋尊)と表す
P1300038.JPG
P1300040.JPG
P1300042.JPG
P1300043.JPG朝10時頃から歩き出して今12時半「お疲れ様~ お腹空いたね、ところで電車組はどこにいる?」連絡とると昼食に「鰻屋」にいると。
我々も合流、超久しぶりにうな重を食べた、、が店の感じよくない、店構えは大きいけど店員の態度も横柄!値段ほどのことも無かったし、果たして国産とは思えないし、、、etc 絶対2度と行かない!

待望の寅さん記念館へ
P1300047.JPG
P1300048.JPG
P1300052.JPG
P1300055.JPG
P1300056.JPG
P1300059.JPG
街並みのジオラマ、とても良く出来ていて寅さんやさくら、おいちゃんが出てきそう、、、
P1300060.JPG
P1300062.JPG
へぇ~~!こんなのあったの⁉
P1300066.JPG
隣り合って作られてる「山田洋次ミュージアム」
P1300067.JPG
P1300068.JPG
P1300072.JPG
寅さんの映画、台本、フイルムなどが展示
近代和風建築の「山本亭」
P1300073.JPG
P1300075.JPG
P1300077.JPG

陽も傾きかけた帝釈天参道をぶらり散歩
P1300078.JPG
P1300080.JPG
P1300081.JPG
P1300082.JPG

柴又駅前の寅さんとさくら像
P1300083.JPG
P1300085.JPG

結局途中で別れた電車組とはほとんど会わず仕舞だった

映画「帰ってきた寅さん」もあり、外人も多かった柴又帝釈天、天気も良く楽しかった。
平塚で遅い新年会をやって解散







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント