3/1‐2  北八ケ岳へ

御坂の会の平井さんと和子さんの山行に参加させてもらう、二人は昨年もこの時期に同じコースを歩いている。

朝、合庁に5時集合出発、平井さんの車で登山口の渋の湯へ、すでに幾台もの車が停まっている
P3010455.JPG
最後にきたのはいつだったかな~? 数年前やはり御坂の会で来たことあったけど。。。その昔幾度となくテント担いで来たっけ、、、
久しぶりにアイゼン着けてピッケル持参でがっつり冬装備
P3010457.JPG
アイゼンが雪を咬む音が心地よい
P3010460.JPG
しばらくは樹林の中の雪景色、木漏れ日に雪が輝く、時折枝から落ちる雪に「ひゃー!冷たい」思ったより雪も多くうれしい
P3010463.JPG
P3010464.JPG
天狗の北面が見えてきた
P3010466.JPG
10時半黒百合平
P3010467.JPG
登山者も多くカラフルなテントが所せましと並んでいる、懐かしいなァ、、、昼食休憩トイレなども済ませ、11時半天狗岳へ向けて出発、風も無く暖かで春山の雰囲気、峠を過ぎると東西の天狗岳が見えてきた、かっこいいね~!
P3010470.JPG
P3010474.JPG
しばし見とれる、少し雲が広がって来たけどきれいに見えている
P3010473.JPG
崩壊地の際や急斜面を慎重に、、
P3010476.JPG
P3010481.JPG
P3010482.JPG
line_928424897925.jpg
12:36山頂です
P3010485.JPG
line_928056944384.jpg
南八ヶ岳の展望も良い、蓼科、西天狗など
P3010486.JPG
P3010487.JPG
P3010488.JPG
今回西天狗はスルーした
ストックをピッケルに持ち替えて岩混じりの斜面や急下降を慎重に下る「こんな急なとこ登ってきた~?」と言いながら
P3010490.JPG
13:40中山峠に戻る
P3010493.JPG
ここから緩やかに中山展望台まで上りが続く
P3010495.JPG
P3010496.JPG
P3010497.JPG
P3010498.JPG
P3010502.JPG
今年は気温が高いのか、エビノシッポが綺麗に出来ていなかったが青空に映えていた
P3010499.JPG
P3010501.JPG
雪景色を堪能して高見石小屋へ
line_926942025739.jpg
P3010504.JPG
P3010506.JPG
P3010507.JPG
P3010508.JPG
P3010509.JPG
15:20小屋へ、昨年の春バスハイクで来たところだ
2階が寝室の大広間だがこたつとストーブあり快適に過ごせた
P3010511.JPG
1階は大きな薪ストーブが暖かくその周りでこじんまりと食事をとる
P3020515.JPG
P3010513.JPG
ランプの明かりはちょっと暗いが柔らかな温かみがある
P3020514.JPG
昨夜は40人の宿泊者だったらしいが今夜は我々入れて5名、やはり混雑はできるなら避けたいもんだ
3/2
天気予報が気になるところだがどうやら崩れる予報、朝は低い雲が覆っていた。予定では茶臼山、縞枯山を回ってロープウエイで下るつもりだったがほとんど樹林の中だし、途中で降られるのも嫌だし、展望も無いじゃ止めよう、と相談の結果ここから直接渋の湯へ行くことに変更、8時過ぎ小屋を出る
P3020518.JPG
P3020520.JPG
賽の河原に出るといきなり雪が舞い始め慌てて合羽を着る
P3020521.JPG
P3020523.JPG
P3020524.JPG

樹林に入ると雪も止み暖かくなってきた、10:20渋の湯に戻った
P3020527.JPG
道路の雪はほとんどなくなって舗装道路が黒く光っていた
お風呂に入ろうと少し下って探したが明治湯は冬季休館、辰野館は若者で混んでて高かった
P3020528.JPG
渋の湯に戻ってお風呂へ、ゆっくり温まって疲れをほぐす
友人から譲り受けた靴がちょっと痛くて苦労したし靴擦れ出来そうになった、長時間アイゼン着けてたこともあるのかなぁ・・・
久しぶりに雪山を楽しみました!平井さん和子さんありがとうございました。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント