3/30  大室山へ

会山行が近くなったがちょっと山から遠のいてる
会の皆に付いて行けるか心配になったので、トレーニングに大室山へ
以前、2回ほど挑戦して敗退のルートを今度こそ!と挑戦

途中で大室指からのルートに合流するが、そこまではバリルート
急登が続くルートだ、昨年の春は「マダニ」にやられたので
まだ寒さの残るこの時期なら、、、大丈夫かな?

椿キャンプ場手前の林道を入り、目印の椿三の橋を確認して登り口へ9:40
P3300007.JPG
P3300009.JPG
P3300011.JPG
とにかく急登なのだ!
暫くすると大岩がある、船の艫のような大岩も
P3300012.JPG
P3300013.JPG
新芽が、、山も春の目覚め?
P3300014.JPG
大室指からの合流点、と思われるところ10:40
P3300015.JPG
そばの石柱には「字椿」「字大室澤」の文字
P3300016.JPG
P3300017.JPG
ここからも急登が続く
P3300019.JPG
でも、、、なんとなく歩いたことある様な感じがするなぁ・・・
と、見覚えのある大岩「雨乞い岩だ!」そうか、、やっぱり
かなり前に村の人達を連れてここまで登って来たんだっけ。。。
P3300021.JPG
P3300023.JPG
昔は周りの木々が低く、里からこの岩が見えたということを聞いたな、、
P3300026.JPG
大岩の上から見た村が隙間からちょっぴり
丁度12:00村の昼のチャイムが聞こえた
それにしてもこの急登を皆登ったんだね~~
「エライ! 皆頑張ったなぁ・・・」

山頂近くの尾根は広くブナが多い
P3300030.JPG
P3300031.JPG
12:40山頂です
P3300033.JPG
P3300036.JPG
やっと頂上まで届きました
誰もいない静かな山頂
日差しが暖かく30分ほどゆっくり昼食休憩

山頂はどっしりと広く今は馬酔木が主体
P3300038.JPG
木道が張り巡らされた登山道
P3300039.JPG
一昔前はもっとブナが多かったらしい、、
今でも名残の大木がある
P3300044.JPG
コバイケイソウ、トリカブトの新芽が土の中から
P3300046.JPG
もうしばらくすると、緑に覆われた山頂になる
残念だが富士山は見られなかった
P3300047.JPG
鞍部の「破風口」への下り
P3300048.JPG
P3300049.JPG
登り返してしばらくで前大室⒕:10
P3300051.JPG
道標には記載は無いがここから北へルートを取り村へ下る
(以前は表示があったのだけど、、、)
大分崩れた権現様
P3300052.JPG

15:35 林道へ出た、、、ん? ここはどこだ?
P3300054.JPG

下りは尾根の分岐が多いのでしっかり地図を見たつもりが、、、
しばらく下ると「椿橋」
P3300055.JPG
地図を見直すと・・・
標高1000m あたりの尾根を間違えたようだ、、、
結局上りに使った椿沢林道の上流に出てしまったらしい
前大室からの下りは何回も下ってるのに
間違えたのは初めてだ!

もっと慎重に地図を確認しなくては、と反省した。。。
地図読み、まだまだだなぁ・・・・




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント